商品検索
旅の検索(ホテル名、旅館名など)
ノウハウの検索(FX、恋愛など)

海外旅行保険に入る


海外旅行保険は必ず加入しておいたほうがいいので、説明しておきましょう。海外旅行だと言葉の問題などもあり、不安な要素が多く、日本での常識が通用しないことも多々あります。飛行機に預けたスーツケースが出てこなかったり、思いもよらないことで違反金を請求されたり、突然の病気やケガなどは珍しいことではありません。

国によっては、救急車を呼んだだけで大金を請求されたり、虫垂炎(盲腸)の手術で数十万、数百万の費用を請求されたいう話しもあります。万が一のトラブルが発生した場合に備えて、海外旅行の際には必ず海外旅行保険に加入しましょう。

海外旅行保険の加入タイプで2つに分けられます。一つは「セット型」保険と呼ばれ、旅行中に発生すると予想されるアクシデントやトラブルに対しての補償が組み合わされているタイプで、もう一つは「バラ掛け型」と呼ばれる旅行者のニーズに合わせ、各種保険の中から予算に合わせて補償内容を選択できるタイプです。どちらのタイプを選ぶかは、行き先や旅行期間、ニーズに合わせて、補償内容を検討して選びましょう。

外国語を話せない方は、旅行先でも日本語で対応可能な会社を選ぶと安心です。海外旅行保険を使うことになるような事態としては、傷害(死亡)・傷害(死亡特別) ・傷害(後遺障害)・傷害(治療費用)・疾病治療費用・救援者費用 ・治療・救援費用・疾病死亡・賠償責任・携行品損害・入院一時金・航空機寄託手荷物・航空機遅延などが考えられます。海外旅行保険に加入して安心するのではなく、旅行先の状況をよく調べて、かかる可能性のある病気などがあれば、予防していくことも必要です。

〜格安航空券はもう買わない!〜『驚きの無料航空券入手法』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。