商品検索
旅の検索(ホテル名、旅館名など)
ノウハウの検索(FX、恋愛など)

パスポートの住所変更


次のようなケースの場合、パスポートの変更申請が必要です。

1.婚姻や養子縁組などで、戸籍上の姓を変更した場合
2. 家庭裁判所の許可を得て、戸籍上の姓又は名を変更した場合
3. 国際結婚により配偶者の姓を別名として追記する場合
4.本籍の都道府県名が変わった場合

ただし、次の場合は訂正手続の必要はありません。
(1)同じ都道府県内で転籍した場合(パスポートの記載に変更がないため)
(2)住所を変更した場合(住所はパスポートの記載事項でないため)

パスポートの変更・訂正の方法は2通りあります。パスポートを新しく作りなおす方法 と現在持っているパスポートの記載事項を訂正する方法です。 訂正には以下の書類が必要です。

1. 一般旅券訂正申請書…1通(申請書は旅券課窓口にあります)
2. 戸籍抄本または戸籍謄本…1通
3. 現住所が確認できるもの…1点
4. 現在持っているパスポート
5. 国際結婚で配偶者の姓を別名として追記する場合は、綴りの確認のため、配偶者のパスポートもしくは外国政府発行の婚姻証明書等が必要です。

パスポートの変更手数料には900円が必要です。婚姻届を提出してから戸籍が訂正されるまでには約2週間程度かかります。婚姻届を結婚式の前後に提出して、すぐに新婚旅行に行く場合は、旧姓のパスポートでも問題ありません。

パスポートの更新


パスポートの更新手続きについて解説しましょう。現在持っているパスポートの有効期間が少なくなると、事前に手続きすることで、パスポートの更新ができます。

パスポートの更新は、有効期間が残り1年未満になるとできます(パスポートの更新は、正式には切替発給といいます)。指定の必要書類を準備して申請窓口に提出します。日本国内で更新を行なう場合、まず、指定された以下の必要書類を用意しましょう。

1.一般旅券発給申請書 1通
2.戸籍謄本または、戸籍抄本 1通
3.住民票の写し 1通
4.身分証明書 1通(パスポートの有効期間が切れていても、6カ月以内であれば、そのパスポートがあればよく、他の身分証明書は不要)
5.写真 1枚
6.官製ハガキ 1枚
7.印鑑
8.所有しているパスポート

これらの必要書類が用意できたら、前回にパスポートを取得した時と住所が変わっていない場合は前回パスポートを申請した窓口へ書類を提出します。前回と住所が変わってる場合は、住民登録をしている都道府県の申請窓口へ、書類を提出します。更新された新しいパスポートができると、ハガキで連絡があります。パスポートを受け取りに窓口に行きましょう。

パスポート取得の申請方法


パスポートは、海外旅行には絶対に必要ですので、まずはパスポートの取得と申請方法について知っておきましょう。パスポートには10年間有効な10年旅券と5年間有効な5年旅券があります。

10年旅券の申請費用は16,000円、5年旅券の申請費用は11,000円です。ただし、12歳未満の料金形態は異なります。パスポート取得に必要な書類は
1. 一般旅券発給申請書 1通(申請書は、各パスポート申し込み窓口や旅行会社で入手できます)
2. 戸籍謄(抄)本 1通
3. 住民票 1通(住民基本台帳ネットワークシステムで確認可能な方については原則不要。)
4. 写真 1枚
5. 郵便はがき(日本郵政公社が発行する通常はがき) 1枚(未使用のもの)
6.申請者本人に間違いないことを確認できる書類 (有効な書類の原本に限ります)

パスポートの申請は、住民票を登録している都道府県の旅券課で行います。申請窓口は都道府県庁の本庁内に設置されている場合が多いですが、ほとんどの都道府県では本庁以外にも申請窓口を設けていますので、インターネットなどで調べてみてください。

パスポートの 申請の受付時間は一般的に9時〜16時30分で、パスポートを受けとれる時間帯も同様です。一般的には、土・日曜日・祝日・年末年始は申請受付と受け取りは休みです。混雑する時間帯は、休みあけの月曜日や、時間帯では、昼間から夕方にかけてが混み合います。特に旅行シーズンのお盆時期と夏休み時期はかなり混雑するので、この時期に申請しようとする人は、午前中が比較的空いています。

〜格安航空券はもう買わない!〜『驚きの無料航空券入手法』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。