商品検索
旅の検索(ホテル名、旅館名など)
ノウハウの検索(FX、恋愛など)

海外旅行保険に入る


海外旅行保険は必ず加入しておいたほうがいいので、説明しておきましょう。海外旅行だと言葉の問題などもあり、不安な要素が多く、日本での常識が通用しないことも多々あります。飛行機に預けたスーツケースが出てこなかったり、思いもよらないことで違反金を請求されたり、突然の病気やケガなどは珍しいことではありません。

国によっては、救急車を呼んだだけで大金を請求されたり、虫垂炎(盲腸)の手術で数十万、数百万の費用を請求されたいう話しもあります。万が一のトラブルが発生した場合に備えて、海外旅行の際には必ず海外旅行保険に加入しましょう。

海外旅行保険の加入タイプで2つに分けられます。一つは「セット型」保険と呼ばれ、旅行中に発生すると予想されるアクシデントやトラブルに対しての補償が組み合わされているタイプで、もう一つは「バラ掛け型」と呼ばれる旅行者のニーズに合わせ、各種保険の中から予算に合わせて補償内容を選択できるタイプです。どちらのタイプを選ぶかは、行き先や旅行期間、ニーズに合わせて、補償内容を検討して選びましょう。

外国語を話せない方は、旅行先でも日本語で対応可能な会社を選ぶと安心です。海外旅行保険を使うことになるような事態としては、傷害(死亡)・傷害(死亡特別) ・傷害(後遺障害)・傷害(治療費用)・疾病治療費用・救援者費用 ・治療・救援費用・疾病死亡・賠償責任・携行品損害・入院一時金・航空機寄託手荷物・航空機遅延などが考えられます。海外旅行保険に加入して安心するのではなく、旅行先の状況をよく調べて、かかる可能性のある病気などがあれば、予防していくことも必要です。

海外旅行の準備リスト


海外旅行に行く時は、準備リストを作っておくと便利です。海外旅行するときに準備するべき持ち物・あると便利な荷物・必需品をリストアップしましたので参考にしてください。

・パスポート(唯一の身分証明書になります)
・ビザ(免除されることが多いですが国によっては必要です)
・イエローカード(特定の国には必需品です)
・米ドルキャッシュ( 緊急用に持っておくと便利です)
・トラベラーズチェック(再発行可能なので安心です)
・クレジットカード (最低でも1枚は持っておきましょう、あれば安心で便利です)
・海外旅行傷害保険(必ず加入しておいてください)
・緊急連絡先リスト(海外では何が起こるかわかりません、あらゆる災難を想定してしておきましょう)
・旅行パック(軽くて丈夫なものが便利です)
・かばん(機内に持ち込むための手持ちの荷物や観光時のかばん)
・時計・目覚まし時計(時間の確認のためには必要です)
・ガイドブック・世界地図(事前に調べて現地を効率よく回りましょう)
・英和辞書(音声の出る電子辞書があると便利です)
・ペンとメモ(ちょっとした覚え書きに必要です)
・南京錠&ダイヤル錠(海外での防犯に必須です)
・アーミーナイフ (あると意外に便利です)
・ゴム(意外に使うことが多いので必需品です)
・くつ下・下着・Tシャツ(各3-4枚くらい)
・ズボン・スカート(1-2枚)
・ ウインドブレーカー(1枚あると便利です)
・フリース(1枚あると便利です)
・くつ(履きなれて動きやすいものにしましょう)
・眼鏡・コンタクトレンズ(予備があるほうが安心です)
・トイレットペーパー (1ロール)
・タオル(2枚くらい)
・歯ブラシと歯みがき(現地調達もできますが持っていったほうがいいでしょう)
・せっけん
・シャンプー&リンス(現地調達可能ですが、お気に入りがあれば持っていきましょう)
・洗たく洗剤(旅行用に小分けされたものが便利)&ロープ(手洗いを前提に)
・シェーバー・かみそり・クスリ(痛み止めや胃腸薬など常備薬は持っていったほうが無難です)
タグ:海外旅行

初めての海外旅行で準備するもの


初めての海外旅行って、何を持って行けばいいかわからないと思いすので、準備すべき物を説明します。

まずはパスポートです。パスポートは絶対に必要で、これがなければ海外へは行けません。

次に航空券(e-チケット)です。当然これがなければ飛行機に乗れません。

クレジットカードは個人旅行の場合、必ず持っていきましょう。日本円は帰国後の移動費に必要です。

海外旅行中に何が起きるか分かりませんから、海外旅行傷害保険には必ず加入しましょう。

この他にも、スーツケース・かばん(機内に持ち込む用の手持ちの荷物や観光時のかばん) ・痛み止めや胃腸薬など常備薬 ・衣類・寝巻き・下着・上着・カーディガン・ジャケット(季節に関係なく1枚は長袖を持って行きましょう)・ガイドブックや印刷資料(現地であたふたしないための情報です)・携帯電話(海外でも使うことができるのがいいです) ・折り畳み傘や雨具・メガネを使う方は予備があったほうがいいです。帽子も準備したほうがいいですね。

それから、レンタカー使用する場合は、国際運転免許書を忘れずに準備しましょう。 国際学生証ISICを提示すると安くなる場合がけっこうありますので、学生の方は準備しましょう。

あれば便利なグッズとしては、機内安眠用のグッズを持っていると楽です。周りへの配慮に不安な人はいびき対策品 を準備しましょう。必要のないグッズとしては、ドライヤー(ホテルにはドライヤーがあります) 、バスタオル(ホテル、B&Bにも用意してあります) 、日本食 (自炊する場合のお米もスーパーで売ってます) です。
タグ:海外旅行

国際運転免許証の取得方法


海外旅行では、レンタカーを借りてドライブすることもあるかもしれませんね。そこで、国際運転免許証の取得方法について説明しておきましょう。

日本の運転免許証では、基本的に日本国内でしか自動車を運転することができません。海外で自動車を運転するためには、国際免許証が必要となります。国際免許証とは海外で通用する免許証のことです。国際免許証を取得すると、海外で自動車を運転することが出来るようになり、レンタカーも借りることが出来ます。

国際免許証はパスポート同じくらい強いID(身分証明)になりますから、運転する予定の無い人も取得しておいても良いと思います。国外運転免許証(国際免許証)の申請は、居住地の運転免許試験場もしくは警察署で行います。申請には以下の書類が必要です。

1.外国運転免許証交付申請書申請(窓口にて入手) 
2.運転免許証
3.写真1枚(縦5cm×横4cm)(※写真は無帽、正面、上三分身、無背景で申請前6か月以内に撮影したもの)
4.パスポートなどの渡航を証明するもの
5.古い国外運転免許証を持っている場合は、その国外運転免許証
6.印鑑(認印可) 
7.申請料 2650円

外国運転免許証交付申請書を記入後、申請料領収印紙を2,700円分購入し申請表紙に張り付けて、上記の書類と一緒に国際運転免許証交付申請窓口に申請します。国運転免許の有効期限は発給から1年間で、有効期限が切れた国際免許証は、最寄の警察署に返納します。運転免許試験場で申請すると40分から1時間程度で交付されます。

〜格安航空券はもう買わない!〜『驚きの無料航空券入手法』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。